医者と結婚したいを叶えるバイブル

医者と結婚したい!

【研修医と結婚】医師と結婚するなら研修医時代に交際すべき理由

研修医の結婚

研修医の恋愛事情

お医者さんって、知識が豊富で人の命を献身的に守ってくれるヒーローのような存在ですよね。

女性が結婚したい職業の上位になるのも納得できます。

旦那様が医者だったら、金銭的にも守られている感ありますよね。

 

医者になった彼らは、幼い頃から研修医時代までトータル20年も勉強をし続けてきたツワモノなのです。

しかし、勉強以外のことに使う時間がなく友達と遊ぶことや彼女をつくりデートする時間などは皆無です。

勉学に時間を費やした結果、他の人が経験するようなことに時間を使えず、バランスがとれた性格でない医者がいることも事実です。

なので医者だからといって過大に期待すると、残念な結果になる場合もあります。

そこで、医者のタマゴといわれる研修医と恋愛をすることをおすすめします。

研修医って超多忙じゃないの?

そうなんです。

しかし、実際にはそんな多忙な研修医期間に出会った女性と結婚する男性医師が大半なのです。

私の周りの医師も研修時代に結婚したという人が8割もいます。

卒業した医大の病院で研修時代を終えるのは、26歳。

知人の男性医師は研修時代、あまりの忙しさに病院内で寝泊まりしていたそうです。

その時、同じ病院内に勤めていた事務の女性と結婚しています。

研修医を終え、医師として働くようになると「白い巨塔」ばりの縦社会があり、結婚するのも何かと大変になるようです。

なので、しがらみのない研修医時代に出会った女性と早々に結婚するのがベストという考えがあるようです。

 

研修医の年収

実は研修医は一般のサラリーマンより、年収が低いです。

平均して300万から400万といわれています。

その上、教授にこき使われてバイトもままなりません。

知人の医師は「研修医時代は24時間拘束されているようなものだ」と話していました。

医師の年収は高いというイメージですが、研修医は働く時間を時給にするととんでもなく安い賃金です。

だからこそ、研修医時代は交際するチャンスなのです。

多忙な研修医時代を支え、苦楽をともにする彼女となってください。

そして、医師として成功するかどうか、しっかり見極めてください。

個人的におすすめの医者は皮膚科や眼科の医師です。外来受診が主な仕事ですので急に呼び出されたりすることがないからです。

一般的に勤務医の年収は1000万から2000万といわれています。
開業医はさまざまで、経営状況により1000万にも満たない開業医もいますし、億を稼いでいる医師もいます。
このように医師の年収はかなりの幅があります。

研修医の結婚

医者の中でも、結婚相手の学歴や家柄を気にする人がいます。

しかし、学歴や家柄に価値観がある医者ばかりではありません。

医者家系で育った医師ばかりではありませんので、あなたが母子家庭で育ったとしても、気にすることはありません。

学歴が高く、家庭環境が良いにこしたことはありませんが、人格や知識が優れている女性を選ぶ医師と出会いましょう。

特に研修医の頃は見栄やしがらみに染まっていないので、結婚観が柔軟です。

医者が医療従事者と結婚する確率は50%以上ですが、医療従事者でない女性と結婚する確率は十分にあります。

医療従事者と結婚する確率が高くなるのは、医療従事者が好きだからという理由ではなく、出会いの場がそこだからです。

研修医と出会える場所は圧倒的に職場になりますが、看護師などの医療従事者でなくても病院に出入りする医療機器メーカーや製薬会社でも可能です。

また、医師が参加している学会にいったり、友達に医師がいれば紹介してもらうことも可能です。

単純に医師に会える確率を増やすには、医師が多数登録し参加するパーティーなどに参加することです。

迷っている暇はありません。

時間が過ぎていくということは、あなたが老けていくということだからです。

医者と結婚したいと思っているのなら、立ち止まって考えていても出会えません。

会いにいきましょう。行動しましょう。そして、良縁を捕まえてください。

大手企業・外資企業・医師を対象!


【PREMIUM STATUS】⇒ 医者に出会えるパーティー!

-医者と結婚したい

Copyright© 医者と結婚したい! , 2020 All Rights Reserved.